筑波大学大学院 システム情報工学研究科並列分散処理研究室

並列分散処理研究室では、高性能クラスタを実現するためのハードウェア、ソフトウェアの研究、画像や音のデジタル情報をもとに高品質再生を可能とするメディア処理アーキテクチャの研究を行っています。

情報学群 筑波大学情報学類
筑波大学大学院 システム情報工学研究科

研究内容

クラスタ向け高性能ネットワーク "Maestro3"
クラスタコンピュータの性能の飛躍的な向上を目指して、ノードコンピュータと協調しつつ並列分散処理を自律的に支援する機能を持つネットワークシステムの開発を進めています。(Maestro3クラスタネットワーク)

クラスタのための並列プログラミング環境
クラスタのような分散環境で共有メモリを想定したプログラム開発を可能とするコンパイラの開発、およびその要素技術の研究を行っています。(クラスタのための並列プログラミング環境)

画像の高精細解像度変換
静止画や動画をスケーリングする際に、標本化関数を適応的に変化させることによって、高品質なスケーリングを可能とするアルゴリズムの開発、ハードウェアの開発を進めています。(画像の高品質な拡大)